特集

Sabu

Sabuの特集レポート♡


続・運命の出会い-後編-




続・運命の出会い-後編-

そして、とうとう1年後にフランクが一緒に住みたいって気持ちに。

サンタクルーズは凄く好きだったけど、空港まで10分の通勤から1時間半はさせられないねえって思って、私がまた引越し。
上がり下がりもありながら、同居生活が始まりました。そしてあの結婚のエピーソードまで。

で、登場するのが、私が初めてサンフランシスコの空港に降り立った時に、私の名前を持って立っていたカルロス。
彼は 牧師さんでして。同性結婚が合法になり、
フランクと結婚を決めた時に、真っ先にカルロスに頼んで、我が家で結婚式を挙げました。

リムジンバスで、ジョーと出会っていなければ、キースとの出会いも無かったし。
カンタスに乗らなかったら、スッチーになろうなんて思わなかったかもしれないし。
キースがカルロスに私を迎えに来させなかったら、彼とも出会っていなかったのかも。
26年後に、その彼に結婚式を挙げてもらいました。

私はどれだけ出会った皆様に感謝したいだろう。本当に有難うです。

 

追伸

私がフランクと一緒に住み始めてから、キースが一度訪ねて来た事があって。

私の大好きな二人、お互いに知って欲しかったし、丁度良い機会で。

まあアパートを見て、挨拶して帰っただけだけどね。

その明後日には電話で話していたなあ?何を話していたかは知らないし、聞かなかったけど。

気分的にはバトンタッチしてたような?

キースは13歳年上で、フランクは5歳年下。経験者と未経験者、皆んながお互いの確認をしていたような。

その頃に私はフランクの母に手紙を書きました。

ある朝起きた時、隣に真っ白なベッドシーツの中で寝ているフランク、まるで天使のようでした。

(勿論白人だし、フランクは日焼けも出来ないタイプの白人なので)

性格もまるで天使のような人で、こんな彼に育ててくれて有難う。

私みたいなのが彼と一緒になって良いのだろうか?自信もないけど、でもきっと幸せにしてみせます。

って、こっそりと送りました。母がフランクに見せたかどうかは知りませんがね…。

End

| 一覧へ |

コンテンツ By:Sabu
Sabu

現役ゲイの客室乗務員でアメリカで同性婚し旦那と暮らしています。

View all posts by:Sabu