運命の出会い-前編-

以前にも、フランクとのおノロケ話を書いた事があるとは思うけど、さかのぼって、付け足しも含めてのコラムで。
私が大学3年の夏に、オセアニアの文化を専攻していた私は、程の良い言い訳でシドニーに一ヶ月ホームステイに行きました。

初めての海外旅行、気持ちは舞い上がるばかり!
東京駅からリムジンバスで成田に。そのバスでアメ人男性、ジョーと出くわして、身振り手振りでの会話。
どこまで伝わっていたか?とりあえず住所だけもらって、成田でお別れ。

シドニーでの一ヶ月間は、午前中は語学学校に通っていたけど、椅子取りゲームやらされたり、市内観光だったり、バブル時期の日本人を餌にした程の良い留学生集めって感じ。

同じクラスメーとは全員女で、ど こかしらのお嬢ばかり。
バイトして必死で貯めてやってきた私とは裏腹に、父ちゃんのゴールドカードを使いまくる連中。
そう育てられたのだからしょうがないけどさ。

買い物に付き合った時に、ゴールドカードが飛び交った時にはびっくりしたけど、話している分には良い人ばかりで。

でも勘違いしてしまった一人に言い寄られて大変!
カムアウトしていなかった自分、優越感もあったのだろうか?
どう振り切って良いのやらで葛藤。

ホストマザーはドイツ人で、ただでさえイギリス英語になまりのなまりを足したオーストラリア英語、
その上ドイツ人だぜ?
何を言っているのか分からずで。
まさに観光で終わった卒論旅行。

でもここでの運命との出会いはカンタスのクルー。
スッチーだぜ、男でも飛べるんだってこと。
日本=現実、すっかり旅行の事も忘れて、また学業に専念。

卒論以外の全ての単位を修得していた私は、大学四年では週一で卒論の為にゼミで大学に行くだけ。
勿論バイトの嵐でしょう?どうしてもアメリカ旅行がしたかったの。

スーパーに、家庭教師、情報整理のアルバイトを掛け持ちして、溜め込んだお金でアメリカ旅行を決断。
そこで出てきたのが、シドニーに向かう時にリムジンバスで出会ったジョーおじさん。

今では死語になっているでしょうけど、pen palって分かる?
ブロークンイングリッシュで、多少なり文通はしていたの。
アメリカへの夢は高鳴って、このおじさんに夏に旅行を計画しているから泊めてくれない?って頼んだの。

続きは後編にて★